Raspberry Pi Zero WHのセットアップ

Rapberry Pi Zero WHにマウス、キーボード、ディスプレイを使用せずに、SSHでログインする方法をメモする。

参考にしたサイト
https://www.losant.com/blog/getting-started-with-the-raspberry-pi-zero-w-without-a-monitor

準備するもの

  • Raspberry Pi Zero W
  • microSD card
  • Micro USB cable

OSのmicroSDへの書き込みはWindows PCで行いました。

microSD card のセットアップ

  • Raspbian Stretch Liteのダウンロード
    ダウンロードサイトから最新版のRaspbian Stretch Liteをダウンロードします。

 

  • Balena Etcherのダウンロード
    microSDカードへのimageファイルの書き込みが非常に簡単なソフトウェアです。
    https://www.balena.io/etcher

 

  • RasbianをmicroSD cardに書き込み
    上でインストールしたBalena EtcherでmicroSDにRaspbian Stretch Liteを書き込みます。




  • microSD cardの取り外しして再挿入

boot/ というフォルダが表示されます。

 

  • SSHとWiFi有効設定

今回はRaspberry Piにディスプレイ・マウスを使わずにログインするため、SSHとWiFi設定を有効にしておきます。
microSDをRaspberry Piに挿入して電源を入れる前に、microSDのbootsshという名前の空ファイルを作成します。これはSSH有効設定のためのファイルです。


次にWiFi設定を行う為に、同じフォルダに、wpa_supplicant.confというファイルを作ります。

country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
 ssid="WIFI_SSID"
 scan_ssid=1
 psk="WIFI_PASSWORD"
 key_mgmt=WPA-PSK
}

これで設定完了です。microSDをRaspberry Piに挿入して電源をONしてください。

 

SSHでログイン

ルータの管理画面でRaspberry Piが接続されていることが確認できたら、IPアドレスをメモし、SSHでアクセスしましょう。

ssh pi@[ip adress]

これでRaspberry Piにアクセスできました。

ssh pi@raspberrypi.localでも接続できるとの記載もありますが、私は接続できなかったので、ルータでIPアドレスを調べる方法をとりました。
下記コマンドで最新の状態にしておきましょう。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

2 Comments

  1. […] Rasbianのインストール […]

    返信
  2. […] Raspberry Pi Zero WHのセットアップ […]

    返信

コメントを残す

Scroll to top